【人狼ジャッジメント】初心者でも初日吊りされない立ち回り!初日の動きを理解して勝ち残ろう!

人狼

人狼ジャッジメントをプレイしていく上で、一番面白くないのは初日に吊られることです。あっという間にゲームが終わってしまいますし、他の部屋でプレイするためには、今いる部屋が終わるまで待つ必要があります。

できれば「初日に吊られること」は避けたいですよね。

そこでこの記事では、

  • 初日に吊られることが多い人
  • 人狼ジャッジメントをこれから始める人

に向けて、人狼ジャッジメントで初日吊りにされないコツを解説します。

スポンサーリンク

人狼ジャッジメント:初日までの流れを説明

これから人狼ジャッジメントを始める人に向けて、初日までの流れをざっくりと解説します。

初日話し合いの時間までの流れ
  1. ゲームがスタートしたら役職が知らされます。
  2. 役職の中でも初日に行動が求められる役職(占い師、罠師など)は行動をしましょう。
  3. 全ての行動が終わったら、話し合いがスタート!

人狼ジャッジメント:初日に吊られない立ち回り

初日吊られないコツは簡単に言えば村目(市民陣営)だと思われることです。しかしそれが思ったよりも難しい。

ここでは、うまく市民陣営に見られるためのポイントと立ち回り方を解説します。

初心者でもできる初日の立ち回り:経費としてみられない

初日の話合いで率先して吊り対象となるのは「経費」と呼ばれる村の役に立たない人です。発言量が少なかったり、返事や相槌しか言わなかったりする人は速攻で吊り対象となるので、しっかり発言しましょう。

初日の話し合いの時間に不審な動きをしたプレイヤーについて、軽く触れるでも良いです。

とにかくプレイしている村の異変について、触れましょう。

普通のことを言っていても、普通の村である以上、当たり前のことを言っているプレイヤーとしか見なされません。

議論になるような話題を出していきましょう。

初心者でもできる初日の立ち回り:圧倒的なミスリードをしない

議論になるような話題を出していきましょう」と言いましたが、ここで一つ注意。

ミスリード(人狼陣営に思われる)発言をしてしまうと、人狼陣営として疑われます。なので、市民陣営の視点としてブレない発言をしましょう。

市民陣営と見られると発言としては

  • 複数CO役職の内訳の精査
  • 怪しいプレイヤーの発言をひろった色付け
  • 盤面の状態からの吊り案

がオススメです。

とにかく「怪しい」と思われないように控えめに発言するよりも、「こいつ怪しい!」という大胆な発言の方が好かれる傾向があることを覚えておきましょう。

初心者でもできる初日の立ち回り:役職持ちの場合は透かさず主張する

役職を与えられたプレイヤーは、出来るだけ初日に吊られない方が村のためになります。なので、回避されるパターンも少なくはありません。

結局、回避は役職を透かすことになってしまいます。具体例が以下の通り。

仮指定内に狩人が入る→本指定される→狩人CO
→別の人が吊られる→狩人が噛まれる

結局、狩人としての役目をこなせないまま死んでいきます。

役職を持っている人はできるだけ、仮指定を受けないように序盤から発言しましょう。

市民陣営の初日の立ち回り

続いて、市民陣営の初日の立ち回りを解説します。

市民陣営としては、黒を吊りたいところ。しかし、人狼が初日から尻尾を出してくれるケースは少ないです。

まずは、怪しい人物を吊りの対象としてピックアップしましょう。ただ、ここで注意なのがオーソドックスなプレイに従っていないプレイヤーを率先して吊ろうとはしないことです。

オーソドックスなプレイをできない人=人狼 というわけではないので、怪しいと思った人を吊るようにしましょう。

複数CO役職出てきた場合、ロラするしないは進行によって変わりますが、

  • そこに人狼陣営がいる確証があるか
  • 2日目以降、村にとって最悪なケースにならないか

を考えた上で初日の吊りを考えましょう。

市民として、初日をプレイする上で大事なこと

正直、市民陣営の中で吊られて一番ダメージが少ないのは、市民です。なので初日からガンガン討論しましょう。

もちろん、正論をぶつける必要がありますが、失うものは何もないという気持ちで突っ込むと案外ボロが出ます。

ただ、あくまで自分が「市民」であることはバレてはいけません。村の人に迷惑をかけないことを心がけながら思う存分暴れましょう!

人狼陣営の初日の立ち回り

人狼ジャッジメントの現代の流れ上、怪しい動きがあれば即刻吊り対象です。プレイしている時の市民陣営の動きに合わせながら怪しいプレイヤーを挙げていきましょう。

基本的に仮指定に選ばれなければ良いですが、仮指定になった場合は積極的にもう一人を考察しましょう。

もう一人を考察したら、仮指定範囲外のプレイヤーを考察するのも一つの手段です。このほうが村目は取れるかもしれません。

結果、自分が村人でプレイしているスタイルを人狼に選ばれても行うこと、がベストです。

つまらない人狼ジャッジメントから抜け出そう。

人狼ジャッジメントは初日に吊られるのが一番つまらない展開。なので、避けたいと考える人も多いでしょう。

しかし、「村に必要がない」と判断された場合、理不尽に吊られることが多いのが現状です。しっかりと考察を残せるように、発言量を増やしたり、立ち回りに気をつけたりして、人狼ジャッジメントを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました