独立をして3年が経過した自分が、フリーランスになる前の自分に言っておきたい5つのこと。

フリーランス

ありがたい話で、フリーランス3年目が終了しました。今年の変遷としては、

  • 収入がUP
  • 大きな組織に複数関わるようになった
  • イベント関連の仕事も増えるようになった
  • 札幌で同じ世代の似たような境遇の知り合いが増えた

といった感じでしょうか。

ただ、今年も生かしてくれたクライアントのみなさまには感謝です。大きな飛躍の年とは言えませんが、自分の足が前に進んだ年であることは確信しています。

改めて、フリーランスとして生き抜くためには、どんなマインドが必要か。フリーランスになる前の自分に説明するような記事を書きたいなーと思い、書かせてもらいます。

これからフリーランスになろうと考えている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

1.税理関係、保険関係がとにかくしんどい。

まずは書類関係が特にしんどいことです。圧倒的に税金や保険関係の手続きがめんどくさいので、事前に勉強しておく必要があります。

特に学生からフリーランスになった私はこの点の勉強が足りずに苦労した記憶があります。確定申告や保険に関しても、早めに勉強をしておくことをオススメします。

2.営業の仕方は早めにマスターした方が良い。

営業の仕方を1番最初に学んでおくことをおすすめします。フリーランスは仕事が途絶えてしまうと、大げさですが死に直結します。

仕事がなくなってしまったフリーランスもたくさんみてきました。仕事がコンスタントに入ってくる仕組みや、営業の仕方をマスターしておく必要があるでしょう。

今現在自分自身が営業として動かしているのは以下の通りです。

  • クラウドソーシング
  • ライター仲間との仕事のやりとり

それぞれ良い点悪い点があるので解説します。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは簡単に言えば「ウェブ系のお仕事掲示板」です。自分好みのお仕事を見つけたら提案してクライアントに採用してもらう形になります。

また、クラウドソーシング内のプラットフォームで、クライアントから直接依頼が来ることがあります。

改めて思うのがプラットホーム内で知名度を上げておくと。自動的にクライアントが見つけてくれるので、営業が必要なくなることが大きなメリットかと思います。

2019年12月に獲得したお仕事は、自分から営業せずに直接依頼をもらったものばかりです。

一方で、この段階までくるのに長い時間がかかりました。クラウドソーシングは始めてすぐには結果は出ません。根気よく続けていく必要がありますし、それに伴う労力も必要になります。

ライター仲間からの仕事

仕事仲間からお仕事をいただくと言うこともあります。しかし、それはあくまでコミュニティーに所属してるから成り立つものです。

コミュニティーに所属していれば仕事の悩みの解決にもなりますし、「フリーランスが孤独である」という大きなデメリットを防ぐこともできます。

今でもいくつかのコミュニティーに所属していますが、圧倒的に仕事がしやすいです。そこで信頼を勝ち取るお仕事を手伝わせていただく機会も増えてきます。

3.仕事の幅を増やしていく

正直、ライティングスキルだけでは、ここまでフリーランスとしてのお仕事が続いていると思いません。ライティング以外にもカメラマンや動画編集のスキルなどを身に付けたことによって、受けられる仕事の幅が圧倒的に増えました。

もちろんライティングの業界でドンドンと実力を上げていき、編集者やディレクターになる方法もありますが、横幅を持って様々なスキルを掛け合わせて、貴重な人材になるということも重要です。

今はライター×カメラマン×レザークラフターを掛け持ちしています。

4.クライアントと良好の関係を築く

基本的にフリーランスの仕事は対人で仕事をすることが圧倒的に多いです。クライアントとお仕事をしたり、仲間とお仕事をしたり、誰かがいなければ成り立たない仕事です。

周りの人に感謝しつつ良好な関係を築いていけば、良い仕事にありつける可能性も高くなると実感しています。自分は様々な大人に助けられて、現在のような環境で仕事ができています。

今現在お世話になっているクライアントのことは大好きです。最近では、一緒にご飯にいくことも増えて、より密な関係になっています。

そのため、優先的にお仕事を振ってくれることも多いです。

5.情報共有はアウトプットから始める

実際にウェブ系のスキルはまだまだ未知な部分も多く、掘り下げれば共有できることがあります。

同じようにウェブ系のフリーランスを目指している人やウェブ系に転職したい人などは多いです。そういった人たちに実際の情報提供したりスキルを伝えたりすることで自分の中の知識もまた新たに磨かれることとなります。

どんな形でもいいのでアウトプットを繰り返すようにしましょう。基本的にアウトプットを繰り返すことで自分と同じような考えを持っている人たちに巡り会うことができます。

逆にそれができないとあまり自分の周りに見方を触れません共感できるネタであるからこそたくさんの友達が生まれると言うことを改めて理解しなければいけません。

フリーランスは全て自己責任だからこそ面白い

フリーランスは簡単に生き方ではありません。全てが自分の責任で動かなければいけませんし、失敗しても自分の責任です。

しかし、自由に動くことができるので、自分をうまくプロデュースできれば面白いことができますし、世の中を動かすことが可能です。

これからフリーランスを目指す人は、

  • 事前にしっかり情報を入れておくこと
  • 生存戦略を考えておくこと
  • 自分の持っているスキルで現状食べていけるのか

などを考えてから、フリーランスになるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました